和菓子街道 東海道 見附

mitsuke-main-pic.jpg

東下りで富士を最初に望む見附の宿

 袋井宿を出てしばらくゆくと、三ヶ野橋に差し掛かる。この橋を渡ったところで左の道へ入るルートが旧東海道だ。ここから大日山と呼ばれる集落に入っていくと、道は鎌倉・江戸・明治・大正時代の東海道に分かれている。木々に隠れて姿は見えないものの、すぐ右手には昭和・平成の東海道である国道一号線も走っている。江戸の道を選んで進むとしよう。

 急な坂で息が上がるが、木陰になっているため涼しい。坂の上には大日堂古戦場跡。徳川家康と武田信玄との戦の折、徳川方の本多平八郎が武田方をの様子をさぐったという場所で、ここから袋井の街を見渡すことができる。

 大日山の住宅街を過ぎると、一号線と合流。近くには遠州鈴ヶ森の刑場跡と供養塔がある。歌舞伎でお馴染みの『白浪五人男』の頭領で盗賊の日本左衛門(本名=浜島庄兵衛)もここで処刑されたと伝えられている。

 ここから先、道は再び静かな旧道に入る。坂を上り、下りすると、見附宿の東木戸跡へと出る。そのすぐ横には、愛宕神社があり、急な石段を上り詰めると、見附の町並みが眼下に広がる。社殿の裏手に廻ると、こんもりとした阿多古山一里塚が残っているのを確認することができる。かつて植えられていた榎に代わり、今は椎の木が大きく枝を伸ばしている。

 ところで、見附宿の名だが、実はこの阿多古山辺りに由来しているという。西から江戸に向かう旅人が初めて富士山を見ることができたのが、この坂の上だったことから、「見附(見つけ)」と呼ばれるようになったのだとか。つまり、宿場に出入りする人々を監視するための場所としての見附とは、意味が違ったようだ。

 よく整備された宿場町通りを歩いていくと、所々に「ジュビロ磐田」のフラッグを目にする。そう、ここは現代においては見附宿というより磐田市、サッカーJリーグのジュビロ磐田の本拠地なのだ。とはいえ、宿場であったことに対する誇りも忘れておらず、要所要所に道標が置かれ、問屋場跡や本陣跡など場所も分かりやすくなっているため心強い。

 宿場街の中ほどには、明治8年(1875)築の現存する日本最古の洋風木造建築小学校校舎「旧見附学校」がある。入口の受付の人の「きっと童心に返りますよ」との言葉に後押しされて、建物の中に足を踏み入れる。

 玄関のエンタシスの柱にはじまり、板張の床や木机の並ぶ教室などに心が和む。天井は高く、木枠をはめた窓からは心地よい風が吹き込んでくる。こんなハイカラで素敵な建物で勉強できたら、自分もさぞ立派な大人になっていたに違いないと、想像を巡らせながら校舎をあとにする。

 それまでまっすぐ道だった街道は、西坂町の角で南に折れる。直進する道は姫街道。浜名湖の今切れの渡しを嫌った女性が主に通った道で、浜名湖北岸を通り御油宿まで続いている。

 東海道を南下してゆくと、やがて右手に遠江国分寺跡が見えてくる。かつてここに、七重塔を擁する東大寺様式の巨大寺院があったというが、今では草地が広がるのみ。所々に残る礎石が、ここが史跡であることを証明している。

 宿場時代にはこの辺りに茶屋が何軒かあり、饅頭なども売られていたようだ。かつての見附名物に「蕎麦五文取」と呼ばれたあんこ餅があったようだが、それもこの辺りで売られていたのだろうか。五文取とは五文(一文=10~15円ほど)する菓子を指し、安倍川餅が代表的である。見附の五文取は蕎麦粉で作ってあったのかもしれないが、確かなことは分からない。

 それまで南を向いていた街道は、磐田駅前で西へと方角を変える。この先、車通りの激しい県道と合流し、宮之一色一里塚、秋葉山常夜灯を見て進むと、ほどなくして天竜川の堤防に行き当たる。諏訪湖から注ぎ出る天竜川は流れも早く、川越えにも苦労がつきものだった橋がかけられていなかった頃、対岸の浜松へは船で天竜川を渡った。

 時代によって船賃は異なったが、万治元年(1658)に記された『東海道名所記』によると、武士は無料、商人や百姓は六文で船に乗せてもらえたようだ。今でこそ橋はできたものの、交通量が激しい上に歩道がないため、歩き旅の者にとっては東海道の難所であることに変わりはない。(※歩道付の新しい橋が最近できたそうです)

hiroshige-mitsuke.jpg

meiji-road.jpg

mitsuke-eastend.jpg

mitsuke-elementaru-school.jpg

tenryu-river.jpg

kousatsuba.jpg

iwata-pines.jpg
kamakura-road.jpg

atago-milestone.jpg
atago-shrine.jpg

kido-lamp.jpg
atago-bridg.jpg

jubilo-road.jpg
goshuin-manor.jpg

mitsuke-honjin.jpg
mitsuke-westend.jpg

saikouji.jpg
enshu-kokubunji.jpg

fuhachimangu.jpg
toyodacho-pines.jpg

tenryugawa-bridge.jpg

その他のおいしい立ち寄り情報

井口製菓
  菓子: 粟餅(6個入500円~)他
  住所: 静岡県磐田市見付2663
  電話: 0538-32-3951
  営業時間: 9:00~19:00
  定休日: 水曜日、元旦
  URL: http://kaekko.seesaa.net/article/5171543.html

 東木戸跡から見附宿に入ってすぐのところで、街道から離れて右手の細い道をゆくと、見附天神が見えてくる。正式名を「矢奈比賣神社」といい、祭神は矢奈比賣命(やなひめのみこと)・菅原道真公(すがわらみちざねこう)・霊犬悉平太郎(れいけんしっぺいたろう)。最初の二柱は分かるが、最後の霊犬とは一体…。見附天神がお犬様を祀るには、実に深いワケがあるのだ。

 見附天神では、毎年旧暦8月10日(現在はその直前の土曜日)に「裸祭」なる祭が行なわれている。祭の夜になると、男は老幼を問わずふんどしに腰蓑をつけ、頭には鉢巻をしめ、足には草鞋を履いた姿で天神さんの境内で乱舞する。

 神輿渡御の時刻になると町中の明かりが消され、裸の男たちは漆黒の闇の中を神輿を奉じて総社の淡海国玉神社まで走っていく。そのすさまじさから、世にも稀なる奇祭として名高い祭だが、実は昔はこの祭の一環として、人身御供の行事も行われていたという。

 今から700年近く前のこと。毎年夏が近づくと、見附の人々は「今度はうちか」とおびえながら過ごさなければならなかった。というのも、8月の初めになると、どこからともなく白羽の矢が飛んできて、若い娘のいる家の屋根に突き刺さるのだが、矢を立てられた家では8月10日に天神さんのお供えとして娘を差し出さなければならないからだ。人身御供の娘が決まると、家族はおろか、村の人々は涙にかきくれた。そのため、天神さんのお祭りは「泣き祭」とも呼ばれていた。

 泣き祭の夜には、娘は生きたまま白木の棺に入れられ、真っ暗闇の中、天神さんまで運ばれていく。棺を神前に置くと、人々は一目散にその場から逃げ去る。するとやがて、地響きと共に怪物が現れ、棺をかき破って娘を掴み上げ、食い殺してしまうのだ。

 そんなことが何年も続いていたが、正和年間(1312~17、延慶元年/1308年の説も)のある日、一実坊という名のひとりの旅の僧が見附を通りかかった。泣き祭の話を聞きつけて哀れみ、なんとかして村の人々を救いたいと思った一実坊は、夜、ひとりで堂の中にひそみ、妖怪たちの声に耳をそばだてた。すると、「信濃の国の悉平太郎に知らせるな」「悉平太郎が怖い」という声が聞こえてきたという。

 これを聞いた一実坊は信濃(現・長野県)に赴き、上穂宿(現・駒ヶ根市)の光前寺で飼われている犬が悉平太郎という名であることを突き止めた。光前寺の住職に見附の泣き祭のことを告げた一実坊は、悉平太郎を借り受けて見附に戻ったのだった。

 翌年の8月、例年のように白羽の矢がある家の屋根に突き刺さった。祭りの日、村人は急いで娘を隠し、娘の代わりに悉平太郎を棺に入れて天神さんの前に置き、早々にその場を立ち去った。やがていつものように地響きがして、怪物が姿を見せた。すると、怪物が棺を破り壊すやいなや、中から悉平太郎が飛び出して、猛然と怪物に襲い掛かったのだ。長い格闘の末、妖怪は遂に噛み殺されて息絶えた。

 翌朝、村人たちが天神さんに様子を見に行くと、そこには年老いた巨体の狒々(ひひ)が血まみれになって倒れていた。そしてその横には、大きな傷を負った悉平太郎もうずくまっていた。かろうじて息がある状態だったが、痛手は大きいようだ。村人は手厚く介抱したが、悉平太郎は間もなく死んでしまったという(無事、光前寺に返されたという説も)。

 見附の人々を救ったこの犬は、足が早く攻撃的という意味から見附では悉平太郎と呼ばれているが、本名は早太郎で、駒ヶ根市の光前寺には「早太郎の墓」もあるという。また、一実坊がお礼に奉納したと伝えられる大般若経六百巻も光前寺に残されている。大般若経の奥付には見附天神から持ってきたことや、正和5年(1316)の年号日付まで書かれており、悉平太郎の物語が根拠のない伝説ではないことを裏付けている。

 さて、ここまで長く説明したが、『和菓子街道』的に肝心なのはここからだ。泣き祭の夜、村人たちが娘と共に棺に入れて神前に供えたものがあった。その年採れた新粟を搗いて作った餅である。一実坊と悉平太郎の活躍のおかげで人身御供を出す必要がなくなった後も、村人たちは無病息災・五穀豊穣を祈って粟餅を奉納した。つまり、良い時も悪い時も、この粟餅は天神さんの祭りには欠かせないものだったのだ。

 お供え物だった粟餅が天神さんのお祭り土産として売られるようになったのは、江戸時代の終わり頃のこと。今でも裸祭の日になると、玉華堂(明治23年創業)など、市内の各菓子屋が粟餅を作って売るが、これを通年販売しているのは宿場町通りの井口製菓のみである。

 現代の粟餅は、粟で作った餅を漉し餡でくるんだもの。粟の餅であるため口当たりが軽く、餡もさらりとしている。悉平太郎の物語に思いを馳せながら、人々の祈りが込められた粟餅を召し上がって頂きたい。

 ちなみに、見附天神境内では現在、三代目悉平太郎が飼われている。20年ほど前、悉平太郎が縁で磐田市は駒ヶ根市と姉妹都市の提携を結んだ。その際、駒ヶ根市から寄贈されたのが、二代目悉平太郎である(初代は約700年前の悉平太郎)。現在の悉平太郎はその子供だ。霊犬に見えるかどうかは、拝観される方の心持ち次第、か?

mitsuke-tenjin.JPG

iguchiya.jpg

iguchiseika-awamochi.jpg(お菓子の写真をクリックすると大きくなります)

shippeitaro.JPG

又一庵
  菓子: 又一きんつば(1個105円)、鶯きんつば(1個105円)、栗きんつば(1個135円)他
  住所: 静岡県磐田市見付2808
  電話: 0538-32-2371
  営業時間: 9:00~19:00
  定休日: なし
  URL: http://www.mataichian.co.jp/

 磐田でおいしいお菓子はと聞けば、ほとんどの人が「又一庵のきんつば」と答えるだろう。創業明治4年(1871)の又一庵の代表銘菓「又一きんつば」は、今や磐田名物の名を欲しいままにしている。粒ぞろいの小豆を甘さ控えめにたき、衣をつけたいわゆる“きんつば”だが、水は天然水、小豆は十勝産の最高級品、砂糖も上質なものを使うなど、こだわりを持って作られている。

 又一庵の代名詞ともいえるこのきんつばを考案したのは、初代当主。知人から旅の土産として頂いたきんつばに魅了され、自らこれを作り始めたのだという。見よう見まね、試行錯誤を重ねて作り上げた又一庵のきんつばの味は、四代目となる現当主の鈴木康元さんにまで受け継がれている。

 創案の頃から変わらぬ味という小豆餡の「又一きんつば」の他に、栗入りの「栗きんつば」や青えんどう豆で作った鶯餡の「鶯きんつば」もある。皮は「薄衣」ということになっているが、若干厚めのような気がする。最中同様、きんつばは手を汚さずに食べることができるため、歩き旅の途中の休憩時にちょっとつまむには適しているかも。

mataichi-kintsuba.jpg(お菓子の写真はクリックすると大きくなります)

玉華堂
  菓子: 十三里(1個85円)、千寿の舞(1個105円)
       熊野(1個125円)、国分寺最中(1個105円)他
  住所: 静岡県磐田市今之浦4-18-10
  電話: 0538-36-0102
  営業時間: 9:00~20:00(木曜日のみ~18:00)
         ※店内の茶房「玉響」は 10:00~18:00
  定休日: なし
  URL: http://www.gyokkado.co.jp/

 磐田(見附)に鉄道の駅が開業した翌年の明治23年(1890)、できたばかりの磐田駅前に創業した玉華堂。店名は、初代当主・鈴木源太郎が好きだった玉華蘭という花にちなんでつけられたという。初代から数えて四代目となる現在、旧見附学校にもほど近い今之浦に大きな本店を構えており、創業当初からある駅前店をはじめもいくつか支店を持っている。

 当初は赤飯や餅を売る店だったが、やがて菓子も手がけるようになり、現在では和菓子はもちろん洋菓子も多く手がけている。大吟醸酒ケーキや和風プリン、アーモンド生地のシュークリーム、餅入りパイ、地元産クラウンメロンを使ったロールケーキなど、創作の幅も広い。

 また、磐田(見附)の名物や歴史にちなんだ菓子も多く手がけている。中でも昭和初期に二代目の鈴木豊平が手がけた地域色豊かな菓子の数々は、今でも玉華堂の看板菓子だ。

 例えば、「九里四里(栗より)うまい十三里」。黄身餡に小麦粉で作った衣をつけて、串を刺してこんがりと焼き上げ、表面にシナモンをまぶした菓子だ。見た目は小さな焼き芋のようで、昭和初期としては非常にハイカラな菓子だった。

 菓名の由来がちょっとおもしろい。江戸時代、江戸っ子たちは栗(九里)にかけて、栗に味の近い甘蔗(薩摩芋)のことを「八里半」と呼んでいた。そこで、この菓子は更に見附から始まる東海道脇往還の姫街道の里程約13里とかけあわせて、「九里四里うまい十三里」としたのだとか。

 もうひとつ、やはり二代目が考案した菓子で、今では玉華堂一番の代表銘菓となっているのが「千寿の舞」だ。平安後期、現在の静岡市手越の里の長者夫妻は、永く子宝に恵まれなかった。そこで、子宝に霊験のあるとされていた池田の庄(現磐田市)の千手寺の千手観音におまいりしたところ、しばらくしてかわいらしい姫君が生まれたという。

 千手観音の授けてくれた娘ということで、名は千手とされた。成長するにつれて美しくなり、和歌や琴をよくした千手は、鎌倉の源頼朝の館に召されて仕えるようになった。そんなある時、一ノ谷の戦いで平家が源氏に破れると、平家方の大将のひとり平重衡が捉えられて頼朝の検分のため鎌倉に護送されてきた。この重衡の世話係を命ぜられたのが、千手だった。

 重衡が鎌倉に逗留した1年2カ月もの間に、29歳の重衡と24歳の千手は恋仲になる。しかし、重衡はやがて処刑のため京都に送られ、奈良近傍の木津川の河原で斬首された。重衡の処刑を知った千手は嘆き悲しみ、剃髪して尼となり、自身に縁のある池田の庄箱野に庵を結んで重衡の菩提を弔ったという。

 千手の名については、『平家物語』や『吾妻鏡』などには「千手」とされており、『千手』という能楽もある。しかし、磐田をはじめとする遠州地方では、昔から「千寿」の字を当て、「千寿の前」と呼び慣わしている。

 玉華堂の「千寿の舞」は、白拍子(男装した女性の舞手)だったともいわれている千手の舞にちなんで名付けられた菓子だ。山芋をすりいれたしっとりとした生地で大手亡豆を使った黄身餡を包んだ紅白饅頭で、表面にはうっすらと砂糖がまぶしてある。その名に相応しく、雅な姿の菓子だ。

 ちなみに、池田の庄にはやはり『平家物語』に登場する「熊野」という美女もおり、玉華堂にも熊野にちなんだ菓子「熊野」がある。3色の薄い最中生地に餡を挟んだもので、白は生姜餡、紫は紫蘇餡、緑は柚子餡がそれぞれ挟んである。都人の平家に仕えた熊野の思わせる、見た目にも上品な菓子だ。

 ちなみに、千手と熊野は無縁ではない。京の平宗盛の館に仕えていた熊野が、宗盛によって帰国を許された折、京まで熊野を迎えに行った侍女の名を「朝顔」という。この朝顔が、熊野と千手との間を取り持ったと伝えられている。

 ちなみに、朝顔は大井川畔(島田宿)にある「朝顔の松」の朝顔とは別の人物。島田の朝顔は江戸後期に作られた『朝顔物語』の主人公だが、熊野の侍女の朝顔は平安時代の女性。熊野に仕えた後、現在の磐田市前野で没し、今もその墓が前野の松尾八王寺神社にある。
(熊野については、姫街道「見附」のページを参照)

 この他、地域色のある玉華堂の菓子としては、磐田国分寺の瓦をモチーフにした「国分寺最中」や、サッカーJリーグ・ジュビロ磐田にちなんだ「ジュビロサブレ」などがある。

(お菓子の写真はクリックすると大きくなります)

gyokkado.JPG

gyokkado-jusanri.JPG栗よりうまい十三里
gyokkado-senju.JPG千寿の舞
gyokkado-kumano.JPG熊野
gyokkado-monaka.JPG国分寺最中

大孫
  料理: 宿場弁当 ひざ栗毛 (945円、茶碗蒸しとセットで1260円)他
  住所: 静岡県磐田市見付1294
  電話: 0538-32-7328
  営業時間: 11:00~13:30、17:00~21:00
  定休日: 月曜日

 見附宿の東木戸跡から緩やかな坂道を下ってゆくと、しばらくして右手にある老舗の割烹料理旅館「大孫」。その創業は寛政12年(1800)にまで遡るという。創業当時は一膳めしやを営んでいたが、今では六代目を数える大旅館だ。館内の和風レストランは宿泊客以外も利用することができるが。ここでは街道にちなんだ名物料理を頂きたい。その名も「宿場弁当 ひざ栗毛」だ。

 竹を編んで作った弁当箱に、海苔を巻いたおむすび3個と、小鉢に焼き魚、かぼちゃの種を砕いて衣にしたエビフライなど、たくさんのおかずが詰まっている。大きなおむすびの中身は梅、かつお、昆布。このまま外に持ち出して、例えば愛宕神社の境内で景色を眺めながら頂きたいところだが、残念ながらそれはできない。悲しむことなかれ。ランチタイムにはコーヒーかアイスクリームのサービスがある。



(料理の写真はクリックすると大きくなります)

daimago.jpg

daimago-bento.jpg

三友庵
  料理: 梅天おろし菜切り蕎麦 (単品1250円、おにぎり付の定食1410円)
       ※ランチは単品1050円、定食1210円
      パンプキン定食(840円)他
  住所: 静岡県磐田市見付2625-1
  電話: 0538-32-2323
  営業時間: 11:00~14:00 、16:45~19:30
  定休日: 木曜日
  URL: http://santomoan.hamazo.tv/

 宿場町通りを挟んで旧見附小学校の向かいにある三友庵は、江戸中期の創業という老舗蕎麦屋だ。店先に置かれたショーケースには、江戸時代に実際に使われていた蕎麦せいろなどが展示されている。

 江戸の頃、四代目まで現在地で旅籠をしていたという三友庵だが、その名のがつけられたのは、五代目の三平と六代目の友蔵親子の頃。ふたりで、それぞれの名から一文字ずつとり、蕎麦屋を始めた。

 暖簾をくぐってみると、定食屋風の店内に親しみを覚える。この店で毎日、蕎麦とうどんを手打ちしているのは、11代目の高垣明生さん。若いながら腕のいい蕎麦職人だ。

 店に入ってまず気付くのは、ジュビロ磐田のポスターやサイン色紙、試合カレンダーなど。壁一面に、メニューよりも目立つくらいに貼られている。土日に試合があった場合、翌月曜日には一品に限り30%オフ。ジュビロが試合に勝てば大サービスというから、熱烈なサポーターである。必然的に、ジュビロ・ファンが多く集う店になっているようだ。

 そんな三友庵の一番人気は「パンプキン定食」。蕎麦・うどん・中華麺の中から1品と、カツ丼・天丼・親子丼・玉子丼・天玉丼の中から1品がそれぞれ選べるセットメニューだ。しかし、パンプキンとはいかに・・・。そういえば、大孫でもエビフライの衣にかぼちゃの種を使っていた。もしかしたら磐田はかぼちゃの一大産地かと思いきや、そうではなかった(かぼちゃの栽培も盛んではあるが)。「パンプキン定食」の名は、地元ミニコミ誌『パンプキン』の創刊記念に名づけられたのだそう。思わぬ答えがかえってくるものだ。

 丼ものより、もっとさっぱりしたものを、という人は「梅天おろし菜切り蕎麦」を。ほうれん草に紫蘇、小松菜を加えて打った蕎麦に、海老や野菜の天婦羅、山菜、大根おろし、梅肉、ネギ、海苔、鶉卵、わかめなどの具がたっぷりとのせられている。こちらは夏季限定、1日20~30食限定で、売切れ次第ごめんとなる。

 ちなみに、蕎麦はいずれも信州の霧下蕎麦粉を使用。霧下蕎麦とは、戸隠地方で栽培される蕎麦のこと(つまり戸隠蕎麦。栽培地の北信五岳戸隠連峰の山裾地帯は年間の平均気温が8.6度と低く、昼夜の温度差の激しい高冷地であるため、蕎麦の生育の頃は霧に覆われていることが多くなる。ゆえに、霧下蕎麦と呼ばれている。昼夜の温度差が大きいほど実が締まった旨い蕎麦になることから、霧下蕎麦は蕎麦通の間で人気が高い。

(料理の写真はクリックすると大きくなります)

santomoan.JPG

santomoan-umeten.JPG

santomoan-hiyaoroshi.JPG