和菓子街道 姫街道 見附

mitsuke-main-pic.JPG

姫街道の旅の起点・見附宿

 姫街道の旅の「公式」な起点は、浜松宿内にある。東海道は浜松市内の連尺交差点で南に折れるが、姫街道はここで曲がらずそのまま真っ直ぐ西に進んでから高町辺りで北に進路を変える。

 右の図の拡大部分を見ると、浜松城の大手門の橋の前で大きな通り(東海道)が直角に折れているのに対し、大きい通りの延長のように細い道が西に向かって伸びている。これが、姫街道だ。姫街道は浜松城のお堀の南西を通って、やがて北に進路を変えて進んでいることがわかる。

 この公式ルートとは別に、地元民や行商などが利用した姫街道として、道中の気賀宿に向かう道が浜松周辺からいくつか伸びていた。東海道が浜松宿に入る手前の、安間一里塚から分岐する道も姫街道と呼ばれているし、更に東の見附宿からのルートもある。

 見附から出発する道は、天龍川の池田の渡しに通じることから、本来は姫街道というより「池田近道」と呼ばれていた。池田近道は、天龍川の池田の渡しの西岸から真っ直ぐ西に伸びて、安間から北上してくる姫街道と合流していた。つまり、見附起点の姫街道は、東海道脇往還というより、姫街道の更に脇道もしくは近道ということになる。

 今回は、この池田近道とその先の姫街道を歩いてみたいと思う。もっとも、現在は渡し場西岸からの道はほぼ消滅しているため、天龍川を渡ってから安間まで、東海道を歩いて、安間起点の姫街道を改めて行くことにする。

 見附宿からの起点は、東海道が南に曲がる西坂町の角で、姫街道はここで曲がらずそのまま西に向かって直進する。ちなみに、『東海道中膝栗毛』では、この東海道が南に曲がる辺りで、弥次さんが「ここに天龍への近道があるじゃアねへか」と、天竜川までの姫街道を見つけている。

 喜多さんが雇って乗っていた馬の馬子はそれに答えて、姫街道を行くと東海道よりも1里(約4キロ)ほど近道になるが、馬は通れない徒歩用の道であると教えている。これを聞いた弥次さんは、馬上の喜多さんとしばし別れて、歩いて近道を行くことに決める。喜多さんの場合、馬とはいえ馬子に引かせてくるわけで、楽ではあるが徒歩と速度は変わらない。結果的に、天龍川の渡し場前では、先に到着していた弥次さんが待っていた。

 前置きが長くなったが、では、姫街道の旅に出発するとしよう(見附宿については東海道「見附」のページを参照)。見附の姫街道入口には、「姫街道」と記された木製の標識が立てられている。その奥に続く道は、東海道よりぐんと狭い。かつてはこの入口に向かって右側に、その名も「入口屋」という屋号の精肉店があったというが、今はそれらしき店は見当たらない。

 この入口から姫街道に足を踏み入れると、すぐ左手に古い土蔵がある。土蔵のある敷地の更に奥にも数棟の土蔵が見えているが、これらは三度飛躍取次の倉田家のものだ。ちなみに、三度飛脚とは、公用の継飛脚や諸藩専属の大名飛躍に対して、寛文3年(1663)に開業した一般庶民のための町飛躍のことである。月に3回、東海道を往復したことから、三度飛脚の名がついた。

 土蔵からすぐ先の加茂川を渡って200メートルほど行くと、姫街道最初の常夜灯に出会う。元治2年(1865)に建てられたものだが、白熱電球が取り付けられていて、現役で活躍しているところが微笑ましい。常夜灯はY字路の分岐点に建っているが、姫街道はその右側を行く道だ。

 狭い道はかなり急な上り坂となって、真っ直ぐ伸びている。坂を上りきると、右手に「かぶと塚公園」が見えてくる。園内には直系約80メートル、高さ約8メートルの円墳があり、三神三獣鏡なども出土している。徳川家康の家臣・本多平八郎忠勝がこの円墳の松に兜をかけたことから、かぶと塚と呼ばれるようになったのだとか。

 一旦、国道一号線に出て、再び寂しい旧道に入る。右手に秋葉堂が見えてくるが、この辺りは昔、立場になっていたという。今はその面影はない。やがて、一言坂という下り坂に差し掛かる。元亀3年(1572)に徳川と武田の軍勢が戦った地だ。この先、昔のままの道幅の道を経て進むと、地名の由来となっている「一言観音」の祀られている知恩斉前に出る。

 一言観音は、一生に一度だけ願いを叶えてくれる観音様。武田信玄に敗れた徳川家康も、「戦勝」の一言を願ったと伝えられている。一言といえば、『古事記』『日本書紀』に登場する一言主神がまず思い浮かぶが、関連はないのだろうか。とりあえず、願い事をひとつ。「私の願い事が全て叶いますように…」。

 この辺りの道は田圃の中に真っ直ぐ伸びる畷だ。途中、「弥藤太島」と呼ばれる地があり、長屋門のある屋敷などが残っている。「熊岡家先祖の弥藤太夫が天龍川の中洲に来往して開拓したところ」と資料にある。では、この辺りは既に、天龍川だったのだろうか。

 調べてみたところ、確かに弥藤太島辺りは天龍川の支流・疎流の中洲だった地らしい。天龍川は「暴れ天龍」の異名を持つ大河で、昔から氾濫が耐えなかった。氾濫のたびに流れは西へ東へと移ったが、室町時代頃にようやく現在の主流にまとまったと考えられている。しかし、かつての氾濫の結果できた支流や疎流は相変わらず多く、熊岡家の先祖も江戸末期に開拓を行い、治水に貢献したということらしい。

 弥藤太島を出てほどなくすると、磐田バイパスが見えてくるのでここを北に折れてバイパス高架を潜る。この先、何度か左折右折を繰り返し、上新屋地区へ。この辺りの道幅も昔のままだ。真っ直ぐ行くと、秋葉神社御神燈があり、その右側のおそろしく細い道に入る。抜けるとポケットパークがあり、ここでやや広めの道と合流する。

 ポケットパークから先もしばらくは田圃の中の真っ直ぐ道が続くが、この辺りから路上には「藤と花の道」のパネルがはめ込まれており、道先を案内してくれる。それに従って何度か道を曲がると、池田に着く。

 池田地区の入口となる角を曲がってすぐのところに材木屋があるが、ここにはその昔、池田名物の「なべやき」を食べさせる「辻屋」という店があった。何の鍋焼きだったのだろうか、気になるところだが、詳細は分からない。道はここから北上するが、周囲には妙法寺や天白神社などがあるので、立ち寄るのもよいだろう。

 そのまま北上して、突き当たったところで西に曲がると、行興寺前に出る。正応3年(1290)開山のこの寺には、『平家物語』の一説を基に書き上げられた能『熊野』の女主人公・熊野御前(ゆやごぜん)とその母親が眠っている。

 平宗盛(清盛の息子)によって都に召された土地の長者の娘・熊野御前が、故郷に残した母が病に倒れたことを知らされ、帰郷を願うが聞き入れられない。そこで、宗盛が彼女を慰めるために連れて行った花見の席で、「いかにせむ 都の春も惜しけれど なれし東の花や散るらん」という歌を詠んで郷里の母を心配する気持ちを暗に伝えたところ、宗盛はいたく感動して熊野に帰郷を許す。

 以上が、『平家物語』の一説を基に書き上げられた『熊野』の主な筋書きである。寺の境内には樹齢800年を越える天然記念物の長藤をはじめとする藤棚があり、4月下旬から5月初旬の見頃の時期には、美しい紫の花房を愛でに各地からたくさんの人が訪れる。

 ちなみに、熊野を「ゆや」と読むのは、音読みであるため。「熊」は、漢方薬の「熊胆(ゆうたん)」「熊掌(ゆうしょう)」などの読みにも例があるように、「ゆう」もしくは「ゆ」と読み、「野」はもちろん、野生「やせい」や原野「げんや」の「や」だ。熊野は元々、父親の名であったが、物語の中で熊野御前本人を指すようになった。(もうひとりの遠州美人「千手」については東海道「見附」のページの「玉華堂」のコラムを参照)

 ここで先ほどの天龍川の話の続きになるが、実は池田の地も、遥か昔には天龍川の西にあったようだ。『平家物語』にも、「池田から天龍を越えて東岸に渡った」ことが記されている。つまり、熊野が生きた平安時代には、まさに池田は天龍の西の地で、その後、天龍が流れを変えずにいたら、熊野の物語も長藤も、浜松側のものになっていたというわけだ。

 行興寺を出て、池田の渡し場跡のある堤防に向かう。堤防のすぐ近くの集落に、「杉田屋製菓」(磐田市池田782、電話0538-32-3931)という菓子屋がある。熊野の長藤に因んだ「藤もなか」や「藤ようかん」を作っている店だが、静岡県教育委員会発行の『静岡県歴史の道 姫街道』には、江戸時代にはどじょう汁を食べさせる店で、古文書も残っているとして紹介されている。

 しかし、菓子屋になって二代目というご当主によると、それは根も葉もない話で、どこからそんな話が出たのか不明とのこと。菓子屋の前は農家だったらしい。江戸時代に他家がこの場所でどじょう汁屋を営んでいたのだろうか。

一言坂の戦いで敗走した家康を助け、無事に天龍西岸まで案内した半場善右衛門は、その功績により後に家康から天龍川の渡船権を与えられた。前述の妙法寺には、善右衛門の墓がある。

 今はもちろん、定期的な渡船は出ていないが、年に一度、5月の大型連休中に短いコースでの天龍川下りを楽しむイベントが催されている。対岸には渡れないが、しばし、江戸時代の旅人気分を味わうことができる。対岸へ渡るには、現在は天龍川橋を渡るより他に方法はない。近年、ようやく歩道付の橋ができたばかりだ。ここから安間までは、東海道を行くことになる。

himekaido-map.jpg
himekaido-map-closeup.jpg『東海道分間延絵図』(東京国立博物館蔵)に見る東海道と姫街道(本坂通)の分岐点。(下は部分的拡大図)(絵図はクリックすると大きくなります)
himekaido-starting-point.jpg

himekaido-mitsuke-1st-jyoyato.jpg

himekaido-mitsuke-chionsai.jpg

himekaido-mitsuke-yatotajima.jpg

himekaid-mitsuke-gyokouji.jpg

himekaido-mitsuke-kumano-tomb.JPG

himekaido-mitsuke-fujimonaka.JPG

himekaido-mitsuke-ikeda.jpg

himekaido-mitsuke-ikedawatashi.JPG

himekaido-mitsuke-signpost.jpg

himekaido-mitsuke-kurata-storagehouse.jpg
himekaido-mitsuke-uphill.jpg

himekaido-mitsuke-shijima.jpg
himekaido-mitsuke-hitokoto.jpg

himekaido-mitsuke-battlefield.jpg
himekaido-mitsuke-oldstreet.jpg

himekaido-mitsuke-straightroad.jpg
himekaido-mitsuke-flower.jpg

himekaido-mitsuke-kamiaraya.jpg
himekaido-mitsuke-ikedabashi.jpg

himekaido-mitsuke-wisteria.JPG
himekaido-mitsuke-nightlight.jpg

himekaido-mitsuke-boat.JPG
himekaido-mitsuke-watashibune.JPG

himekaido-mitsuke-shintenryubashi.jpg