和菓子街道 佐屋路 神守~佐屋

sayaji-main-pic.jpg

消えた佐屋路を辿って、旅の終点・佐屋湊へ

 本来の佐屋路は、鳥居と常夜灯の手前を左折し、橋で小川を渡って南西に進むのだが、おそらく江戸時代の旅人も、よほどの急ぎ旅でもない限り、有名な津島神社に足を延ばして参拝したことだろう。なにせ、「西の祇園社、東の津島社」と呼ばれた津島神社は、伊勢神宮参拝のお陰参りでも、「津島かけねば片詣り」といわれたほどで、お伊勢さんと津島の牛頭天王への参拝は一括りとされていたほどなのだ。寄り道も旅の楽しみということで、少し津島神社周辺を散策してみるのもおもしろそうだ。

津島散策のページ

 津島門前町には立ち寄らず、そのまま佐屋路の旅を続けるのであれば、常夜灯より手前にあったはずの橋を渡るのだが、今は住宅が建ち並んでいて、それは叶わない。この辺りからしばらく、完全に佐屋路は消滅しているからだ。

 大正末期に行われた耕地整理で、佐屋路は取り潰され、一面が畑となった。その後は住宅がぽつぽつと建つようになり、現在に至っている。どうも津島という地は、何でもかんでも埋め立ててしまうのが得意らしい。かつてあった天王川や佐屋川も埋め立てられてしまったし、この地方独特の堀田水田も今はほとんど姿を消した。残念なことである。

 道はないが、住宅地を縫うように無理矢理進むしかない。ここから先、しばらくすると佐屋の一里塚があったはずだが、もちろん現存していない。なぜか代わりに、佐屋路から分かれて津島神社へと向かう道の途中にある清光院境内に、「津島一里塚跡」の碑が建てられている。

 消えた佐屋路が再び姿を現すのは、愛宕町の愛宕神社の前辺りからだ。今にも昔の人が使ってきたような、ゆるゆると曲がった細い道に、安堵感を覚える。愛宕町を出て日置(へき)町に入る。ここはもう、愛西市内である。

 今でこそ田畑に囲まれた静かな集落だが、日置は古代から中世にかけて日置庄が置かれ、この地の中心的な村であった。日置からしばらく行くと、再び佐屋路は姿を消してしまう。津島の町を縦断して南下してくる巡見街道と出会うまでは、田畑の中の道なき道をじぐざぐに折れながら進むしかない。

 巡見街道との合流点には、佐屋路のシンボルともいうべき「佐屋海道址碑」がぽつんと、田圃のあぜ道に立っている。ここから先は、巡見街道と道連れ。1キロばかり進むと右手に浄法寺、天神社が並んで見えてくる。この辺りは既に、佐屋路最後の宿場町、佐屋宿の内だ。ここからすぐ先の須依の交差点で右折すると、宿場町の中心部になる。

 元は小さな村に過ぎなかった佐屋だが、徳川家康が大坂夏の陣の際に船で佐屋から桑名に渡ったことや、尾張徳川家初代義直が鷹狩をした際の休息所として小茶亭(後に三代将軍家光の上洛時に改修され佐屋御殿となる)が設けられたことなどから、佐屋路が整備される以前から、由緒ある地とされていた。

 佐屋路が確立すると、桑名へ向けた3里の渡しを擁する佐屋には本陣2軒、脇本陣1軒、脇本陣格1軒(非公式)が設けられた。最盛期には旅籠が31軒建ち並んでいた佐屋は、佐屋路の中でも最大規模の宿場町だった。

 宿場町を進むと、やがて道の左手に、うずくまっているかのような小さな道標が見えてくる。道標の指し示す細い路地を入っていくと、俳聖・松尾芭蕉ゆかりの「水鶏塚」がある。元禄7年(1694)に芭蕉が佐屋の門人・山田庄左衛門の屋敷に泊まった時のこと。水郷・佐屋は古くから水鶏の名所として知られていたため、水鶏好きの芭蕉は、「水鶏啼くと人のいへばや佐屋泊り」という句を詠んだ。

 水郷・佐屋は古くから水鶏の名所であったことから「水鶏の鳴き声が聞かれるという風流に惹かれて、この地に泊めてもらうことになったのだよ」といった意味である。水鶏塚は、この句に因んで庄左衛門宅の跡地に築かれた塚だ。

 街道に戻って、問屋場、本陣、脇本陣などの跡地を確認しながら先を急ぐ。佐屋御殿跡に次いで船番所跡、代官所跡まで来ると、もう佐屋路の旅もほぼ終わり。小さな公園の前に佇む「佐屋三里之渡跡碑」が、旅の終着点だ。

 かつてここに、木曽川に通じる佐屋川が流れていた。この辺りでの川幅は通常でも127メートル余りあり、出水時ともなると500メートルにまで広がったという。佐屋湊から漕ぎ出す船は、木曽川、加路戸川、鰻江川、揖斐川と伝って、桑名まで運行した。

 船賃はというと、佐屋から桑名への下りは、江戸中期の正徳元年(1711)には17文、江戸後期の天保10年(1839)には20文だった。逆に、桑名から佐屋へは、川の流れに逆らう上りであったため、正徳元年には19文、天保10年には29文とった。また、桑名-佐屋間の船賃がこの128年の間に5割も増したのは、桑名藩の台所事情によるものらしい。

 三代将軍家光や十四代将軍家茂も利用した由緒ある佐屋の渡しだが、平成の今、ここには水面はおろか、土手の跡さえも見ることができない。江戸末期には佐屋川は上流からの土砂で川幅が狭まり、水も浅くなってしまったため、湊としての機能を果たせなくなってきていた。

 幾度か土砂を掬ってみたり、下流に仮の湊を設けてみたりと工夫をしたが、いずれも徒労に終わった。そして、そうこうするうちに世は明治維新を向かえた。

 明治になると、往還の屈折も多く、道幅の狭い箇所もいくつかあり、また、七里の渡しを避けても結局は船に乗らねばならなかった佐屋路に代わって、明治5年(1872)に新しく開かれた道に街道の地位を譲ることになった。ここに、佐屋路は終焉を迎えたわけである。

 更に、佐屋湊もまた、佐屋路に次いでその役割を終えた。治水技術も発達したため、水害対策もかねて佐屋川は木曽川から締め切られて廃川とされることになったのだ。

 佐屋川の埋め立てや木曽三川の完全分流などを含む工事は明治20年(1887)から同33年(1900)に渡って行われた。これによってかつて佐屋を潤していた大河は、地図上から抹消されたのだった。

 現在、子供達の遊ぶ公園も、かつては川底だったのかと思うと、不思議な心地がする。佐屋湊にこぎ寄せる船頭たちの怒声や、船に乗り込む旅人たちのざわめきは、道路を急ぎ走る自動車の音にかき消されて、聞こえない。

 旅の終わりにはなぜだかいつも、儚げな感慨に浸ってしまう。町は歴史の上に盛り土をして、今も生きていると思えば、いく分、気が晴れるようだ。

lost-sayaji.JPG

old-sayaji.JPG

across-road.JPG

saya-street.JPG

kuina-monaka.JPG水鶏塚に因んだ松花堂の「水鶏最中」(愛西市須依町須賀割2085-2、電話0120-28-3629)(お菓子の写真をクリックすると大きくなります)
saya-sanri-watashi.jpg

saya-in-book.jpg佐屋駅渡口の図(『尾張名所図会』)(絵をクリックすると大きくなります)

tsushima-batokannon.jpg

to-saya.JPG
to-saya2.JPG

to-saya3.JPG
yatomi-train.JPG

junrei-kaido-joins.JPG
sayaji-signpost.jpg

saya-street2.JPG
saya-street3.JPG

kuinaduka-signpost.JPG
kuinaduka.JPG

saya-port.JPG
saya-street4.JPG

saya-daikansho.jpg