和菓子街道 佐屋路 宮~岩塚・万場

miya-mamba-main-pic.jpg

源太夫社と熱田さんに参って、いざ佐屋路へ

 宮宿は、熱田神宮の門前に古くから開けていた町を母体として整備された東海道中41番目の宿場町だ。門前町として多くの参拝客を集めた一方、桑名宿への船渡し場として、また徳川御三家の尾張徳川家の御城下・名古屋の表口として栄えた。

 その繁栄ぶりは東海道随一とも謳われたほどであった。(東海道「宮宿」のページ参照)この宮宿から陸路、津島・佐屋などを経て桑名へ向かう脇往還として利用されていたのが、佐屋路である。

 佐屋路の出発地点としては、やはり宮宿内の「延命ほうろく地蔵」前が相応しいだろう。元々この場所には、源太夫社(上知我麻神社)と呼ばれる社があり、その脇は高札場になっていた。

 東海道を東から来た場合、源太夫社は丁度、街道の丁子路の正面に建っていた。そのまま東海道をゆく場合、つまり船着場へは源太夫社前を南に向かうが、陸路の佐屋路や美濃路は反対の北に進むことになる。

 そのため、東海道・佐屋路・美濃路を旅する者はいずれも必ず源太夫社の前を通ったため、皆ここで旅の安全を祈願してから、各々の道へ進んだという。今では源太夫社は熱田神宮境内に遷座されており、ほうろく地蔵が代わってこの地を見守っている。

 かつては、この丁子路の南北の角には1基ずつ道標が立てられていた。北側の道標には「北 さやミのぢ道 きそ」と、また、南側の道標には「北 さやつしま道 みのち海道」とそれぞれ彫られている。今は北側の道標は近くの民家の敷地内に移されている。道標の指示通り、佐屋路に向けて北へ進路をとるとしよう。

 ほうろく地蔵前を出発してほどなくすると、熱田神宮の杜に行き当たる。ここでも旅の安全を祈っておこう。神宮の西側には、誓願寺。平安末期の熱田神宮大宮司の館跡で、源頼朝はその館内で誕生したと伝えられている。神宮を避けるように道は綴れ折れのように曲がり、国道19号線に沿って北を目指す。この先、しばらく佐屋路は美濃路と重なっている。

 熱田神宮に近いこの辺りにはかつて、いくつもの古墳があったと言われているが、そのほとんどが歴史の中に埋もれてしまった。そんな中、現在も佐屋路・美濃路の左手に横たわっている断夫山古墳は、残された貴重な遺跡のひとつである。

 5世紀後半から6世紀頃の古墳と目されており、東海地方最大級の前方後円墳だ。この断夫山古墳をはじめ、かつて古墳群があったことからも、この辺りが古くからこの地方の中心であり、また聖地としての役割も担っていたのではないだろうか。ゆえに、熱田神宮が建てられたとも考えられるのでは。

 断夫山古墳から先、農家生まれの女性が開いた如来教の本山・青大悲寺を左手に見て進むと、しばらくして再び左手に熱田神宮一の鳥居跡が見えてくる。鳥居は高さ三丈五尺(約10.5メートル)、柱回り一丈(約3メートル)という巨大なもので、通り抜けは畏れ多いとして遠慮されていた。今は鳥居は跡形もなく、「熱田神宮第一神門址」と刻まれた石柱がむしろ遠慮がちに立っているのみだ。

 一の鳥居より少し北へ行くと、佐屋路の標石があり、ようやくここで美濃路とお別れである。佐屋路はここで左折して西方向に曲がり、美濃路は更に北へと向かうのだ。美濃路と分岐してしばらく行くと、尾頭橋で堀川を渡る。尾頭橋は、寛文6年(1666)に佐屋路が幕府の道中奉行の管轄下に置かれた際、併せて架けられた橋である。かつて川下にあった材木が嵐の度に逆流して、橋桁を壊したと言われているが、今も川下を見渡すと材木が何本も浮んでいるのが見える。江戸時代と変わらぬ光景なのだろうか。

 尾頭橋の対岸は、五女子村と呼ばれた地域だ。昔は一女子村から七女子村まであったと言われている。いくぶん変わった地名だが、かつてこの地に裕福な人が住んでおり、7人の娘を近隣の村々に嫁がせたことが、これらの村の名の由来となっているのだとか。このうち、佐屋路が通っているのは五女子とこの先の二女子だ。

 さて、この五女子には佐屋路最初の一里塚がある。かつては榎が植わっていたというが、今は松が植えられている。松といえば、かつては佐屋路にも松並木が設けられていたというが、今はその影もない。一里塚以外は取り立てて見るべきものも残されていない五女子を過ぎ、二女子に入る。かつては二女子の佐屋路沿いにあったという餅菓子などを売る茶店も、今は残念ながら姿を消している。

 長良橋を渡って笈瀬川(中川運河)を越し、旧長良村に入る。商店街が続くが、やはり歴史を感じさせるものは特に見当たらない。道は旧烏森村に入っていくが、現在からす森郵便局のある辺りは立て場として賑わっていたようだ。ここからすぐ先に、名古屋城下の宜祢町へと通じる柳街道との分岐点がある。かつてこの地点にあった安政元年(1854)の道標は、近くの八幡神社境内にある常夜灯の竿として使われている。

 佐屋路最初の宿場町・岩塚宿の中心は、烏森のもう少し先。宮宿からは二里(約8キロ)で、宿場の入口には一里塚があったが、今は頼りなげな木製の標柱がその場所を示しているのみだ。岩塚宿は庄内川を船で渡す船着場として設けられた宿場町で、本陣1軒、脇本陣なし、旅籠は7軒ほど。東海道筋の宿場町と比べると規模は極小さなものだった。

 岩塚宿は、庄内川を挟んで対岸にある万場宿と半月交替で宿駅の役割を果たしたため、この2宿で1宿扱いとなっていた。もっとも、庄内川を渡す「万場の渡し」の川渡船は、佐屋路開設当初からあった万場宿の管理下にあったため、後で設けられた岩塚宿は万場宿の補佐的意味合いが強かったようだ。

 今は渡船などないので、万場大橋を渡る。渡るとすぐ、万場宿だ。堤防下の秋葉社には安永6年(1777)年の常夜灯や天保13年(1842)の常夜灯、古い万場大橋の欄干などが残されている。堤防の坂を下って街道に出ると、民家建ち並び、いく分、かつての面影が残っている。

 万場宿も小さな宿場で、本陣1軒、脇本陣なし、旅籠10軒ほどというのは、先の岩塚宿と大差ない。名古屋都市高速の高架を潜り、砂子に入る。この辺りは茶店が2、3軒並ぶ立て場になっていたようだ。大小の神社や寺を右に左に見ながら、ぎざぎざと何度か曲がりながら道を進むと、やがて七宝町に至る。

miya-in-book.jpg源太夫社門前の賑わい。図の手前から中央に向かって伸びているのが東海道で、右折すれば美濃・佐屋路、左折すれば七里の渡しへと到る。(『尾張名所図会』)
atsuta-shrine-torii.jpg

danbuyama-mound.jpg断夫山古墳
minoji-sayaji-signpost.jpg

gojoshi-milestone.jpg

yanagikaido-signpost.jpg

iwatsuka-in-book.jpg江戸後期に編纂された尾張の歴史を綴った『小治田之真清水』の中に描かれた「岩塚駅」の様子。

atsuta-shrine.jpg
yoritomo-birthplace.jpg
atsuta-1st-torii.jpg
bito-bridge-guide.jpg
hori-river.jpg
gojoshi-sayaji-signpost.jpg
iwatsuka-hachiman.jpg
iwatsuka-signpost.jpg